グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の勝利の方程式(その20)

けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーと、欅坂46の表題曲の選抜メンバーについて思うことがあった。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

 「欅坂46は21人」で、「けやき坂46は12人」。兼任の長濱ねるさん。

 

欅坂46の「欅」の字は「21画」で、ソニーのSDの育成システムとオーディションのように「複雑で難解」。

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」で、12人で個性的でわかりやすい部分がある。頭の良いメンバーや外国語メンバーがいる。

 

 

AKB48のメジャー17枚目シングル「ヘビーローテーション」は、「21人選抜」だった。「メディア選抜は12人」だった。

 

 

だから、21人選抜というのは基本のひとつになるのかも。

 

漢字欅とひらがなメンバーの32人で、表題曲の21人選抜を争う感じもありかも。

 

漢字欅メンバー(21人・兼任の長濱さんを含む)枠は、16人という感じかも。この場合は5人が選抜から外れることになるので少し厳しい感じもする。

 

握手人気で考えると、漢字欅メンバー(21人・兼任の長濱さんは含む)は、12人以上が30部完売メンバーになりそうな気もする。そうなると、残りの9人で4枠を争う感じになるかも。

 

 

ひらがなメンバー(11人・兼任の長濱さんは除く)枠は、5人という感じかも。この場合は、6人が選抜から外れることになる。

 

握手人気で考えると、特に問題がなければ、加藤さんと齊藤さんの2人は人気があるので確定という感じで、残りの3枠を9人で争うことになる。この場合は握手人気というよりは個性や実力が大事になるかも。

 

 

このような感じで、欅坂46の表題曲選抜メンバーは、漢字欅メンバーとひらがなメンバーの選抜枠と人数を決めれば、ある程度は公平な感じもするし、今後卒業生が出ても問題が出ない感じもする。

 

 

カップリングで、漢字欅メンバー曲、けやき坂46曲、漢字欅ユニット、ひらがなユニット、混合ユニット、ソロ曲などをやるとファンもメンバーも納得しやすいかも。

 

 

あとは、演技仕事やモデル仕事やグラビア仕事やバラエティー仕事などのソロ仕事だろうか。

 

 

ひらがなメンバーも一度くらいは、欅坂46の表題曲の選抜メンバーを経験して、「けやかけ」などのバラエティー番組や音楽番組に出演することは、せっかくアイドルになったんだから、経験としては大事かも。

 

 

乃木坂46では、1期生は「お試し選抜枠」や「思い出選抜枠」というのがあったと思う。

 

 

欅坂46の21人選抜だと、2列目と3列目はそこまで差がないと思うし、フォーメーションやダンスパフォーマンスでカバーできる感じもする。

 

 

でも、やっぱり個人的には、けやき坂46は「アンダーグループ」として独自の活動してほしい。

 

けやき坂46は、人気と実力があるメンバーはソロ仕事で優遇すれば良いと思う。

 

「リソース」に関してはよくわからないこともあるけど、漢字欅メンバーの枠などを使えば良いと思うけど。

 

けやき坂46は、グループとして、バラエティー番組や音楽番組に出るチャンスもあるかもしれないし。