グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)の勝利の方程式(その18)

欅坂46の4枚目シングルで、けやき坂46(ひらがなけやき)はどうなるのだろうか。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

欅坂46の4thシングルの表題曲の選抜メンバーに、けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーも兼任の長濱さん以外にいるのだろうか。

 

こんな記事も書いたけど。

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

greennoaoffice.hatenablog.com

 

 

欅坂46は、3枚目シングル「二人セゾン」もヒットしたし、紅白効果もあるので、さらに勢いと人気が出るかも。

 

個人的には、欅坂46の4枚目シングルの表題曲選抜メンバーは、漢字欅メンバーの21人(兼任の長濱さんを含む)にしてほしい。

 

勝っているときは、「革命」とか言って焦って下手にいじらない方がいいと思うし、漢字欅のメンバーでも、まだチャンスを与えた方が良いメンバーが何人かいると思う。

 

平手さんセンターで、そのまわりを変化させることで欅坂46は、まだいろいろとできると思うし、一体感や箱推しを作りたいなら、漢字欅メンバーの21人で良いと思うけど。

 

 

欅坂46は、スタイリッシュな格好良さを求めてイギリスのモッズのような世界を志向しているらしい。

 

「欅」の字は「21画」で、ソニーのSDのオーディションと育成システムのように「複雑で難解」。

 

欅坂46は、「性格」を大事にしている。

 

 

AKB48のメジャー17枚目シングル「ヘビーローテーション」は、「21人選抜」だった。「メディア選抜は12人」。大島優子さんがセンター。

 

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「ひらがなけやき」と「誰よりも高く跳べ!」を聴いた感じでは、「地下アイドルグループ」のAKB48の劇場公演曲を意識している可能性があると思った。

 

けやき坂46は、欅坂46の「アンダーグループ」なので、AKB48の「メタフィクション」的なことを狙っているのでないかと思った。

 

AKB48が「劇場公演」で、けやき坂46は「仮想劇団」。

 

けやき坂46は、「ひらがなけやき」なので、「わかりやすい」部分があると思う。

 

けやき坂46のメンバーは、12人で秋元グループとしては人数は少なめで、メンバーは「個性」的で、振り付けなどもわかりやすい部分がある。

 

 

先日の全握では、漢字欅とひらがなのメンバーを組み合わせたけど、それがすぐに選抜関係につながると思えない。

 

漢字欅メンバーと組ませることで、ある程度はファンを流したり、推し増し効果を狙っている部分があると思うけど。しかも、先日の全握はひらがなは特に剥がしが強かったらしい。

 

 

ひらがなの露出が少ないという意見もあるけど、ひらがなは恵まれている部分もある。12月は、有明とFNSとその他の仕事があったと思う。

 

1月はメンバーの一部は学業の関係もあると思うし、裏でどのような動きがあるのかわからない。

 

まあ、3月~5月あたりから、「アンダーグループ」として本格的に始動するかも。

 

 

「リソース」に関しては、よくわからない部分がある。46Gの勢いと人気が上がれば、「リソース」の拡大もあると思う。

 

乃木坂46の「アンダー」は、確かに一部のメンバーには悲壮感のようなものがあるのかもしれない。でも、アンダーメンバーでも独自のソロ仕事で活躍している人もいる。それが未来につながることもあると思う。

 

欅坂46のメンバーでも、推されている人とそうでもない人もいる。まあ、漢字欅メンバーは干されは今はあんまりいないと思うけど。

 

けやき坂46のメンバーでも、推されている人とそうでもない人もいる。だから、メンバーによっては、人気と実力次第では独自のソロ仕事やチャンスはあると思う。

 

乃木坂46の3期生でも、推されている人とそうでもない人もいる。

 

 

欅坂46とけやき坂46のメンバーは、ユニット曲から混ぜていけばいいという意見もあるみたいだけど、それはかなり先の話のような気もする。

 

けやき坂46のメンバーだけで、いろいろなユニットに挑戦した方がいいと思うけど。

 

特にけやき坂46が、AKB48を意識している場合は、AKB48の劇場公演的ユニットをやっても良いと思う。

 

両A面シングルもあると思う。

 

けやき坂46のテレビや各種メディアへの出演も、メンバーの努力と人気次第ではあると思う。

 

 

欅坂46もけやき坂46も、「アーティスト」と言うのであれば、コンセプトやセンスは大切にした方が良いのでないかと思う。

 

乃木坂46は、「コンセプトがないのがコンセプト」らしいけど、欅坂46とけやき坂46はどうなるのだろうか。

 

乃木坂46と、欅坂46は違ったものになりそうな気もする。

 

乃木坂46は、選抜や仕事の関係などで、比較的個人主義が強いようだ。芸能界だから仕方ないという意見もある。

 

欅坂46は、グループ主義が強い部分があるのかもしれない。団体で団結という感じかも。

 

ソロ仕事は、グループの勢いや人気がないと難しい面もあると思う。

 

それから、「アンダーグループ」のけやき坂46も違ったものになるかも。

 

 

ファンやメンバーを悪い意味で混乱させるようなサプライズは、もう時代遅れだと思うし、それは「革命」ではないと思う。

 

秋元氏も「過剰競争は時代遅れ」と言っているみたいだし。

 

そろそろメンバーやスタッフやファンも含めて、秋元グループの概念の「革命」も必要かも。

 

世界のソニーグループはエンタメ事業の中核として、46Gの発展に未来をかけているなら、その未来の理想は前向きで明るいものを目指してほしい。