読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

けやき坂46(ひらがなけやき)とAKB48について

けやき坂46(ひらがなけやき)とAKB48について思うことがあった。

 

歌唱メンバー

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、 佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依

 

ソニーのSDの育成システムとオーディションは複雑で難解と言われている。

 

欅坂46の「欅」は複雑で難解。

 

欅坂46は、21人選抜で大人数で紅白で「サイレントマジョリティー」かなあ。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は欅坂46の「アンダーグループ」。ひらがなけやきだから、仕掛けはわかりやすい部分はある。

 

かつて、AKB48の総選挙選抜では、「メディア選抜」というのがあったと思う。確か12人選抜。

 

最近の秋元グループの選抜メンバーは人数が多すぎてわかりづらいし、しかも序列だのポジションだの利権だの握手人気だのでややこしい。

 

秋元氏もうんざりしているかもなあ。

 

秋元グループではユニット選抜もやっているけど、SKE48の「ラブ・クレッシェンド」みたいな7人選抜だと物足りない。「コップの中の木漏れ日」はなあ。ゆるすぎるかも。松井玲奈さんもいないしなあ。

 

けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」のフルMVは、SKE48の「ラブ・クレッシェンド」の「コップの中の木漏れ日」のMV(special edit ver.)に再生回数で、すでに勝っている。special edit ver.って言っても、これは、相当ヤバいよなあ。

 

ひらがなは相当ヤバいよなあ。これは「革命」だと思うけど。

 

やはり、秋元グループは人数で魅せている部分があると思う。

 

でも、16人選抜というのも多いのかもしれない。3列目はなかなか厳しい。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、12人なので「わかりやすい」部分がある。しかもビジュアルも含めてキャラは個性的。

 

欅坂46は、「性格」を大事にしているらしい。

 

秋元氏は、今は欅坂46に力が入っているらしい。確かに力が入りすぎている部分がある。ゴリ推しもすごいことになっている。

 

まあ、けやき坂46(ひらがなけやき)は「アンダーグループ」だから、秋元氏は「適当」にやるだろうなあ。「遊び」の要素は入っていると思う。でも、そこにソニーのセンスが注入されるけど。

 

秋元氏は、「AKBは適当にダラダラやるのが面白い」と言っていた。そういう意味では、秋元氏の本当の力が発揮されるときは、秋元氏が「適当にダラダラやった」時なのかもしれない。

 

AKB48の代表曲の1つである「恋するフォーチュンクッキー」は、指原莉乃さんセンター。

 

指原さんはその年のAKB総選挙で1位になり、AKB48で「革命」を起こした。

 

指原さんはこの曲を最初に聴いたときは微妙だったらしい。個人的にも微妙な曲だなあと思った。

 

でも、動画のステマ効果などもあったけど、結果的には大ヒットした。

 

子どもに与えた影響もかなり大きかったと思う。 この曲は「わかりやすい」。

 

それから、「ヘビーローテーション」は大島優子さんセンターで、AKB48の大ヒット曲。

 

この曲でAKB48は賛否両論だけど、国民的アイドルと言われるようになったと思う。

 

大島さんはAKB総選挙で1位になり、絶対的センターの前田敦子さんに勝ち、やはりAKB48で「革命」を起こしている。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)の齊藤京子さんは、大島優子さんに近い雰囲気があると思う。二郎系ラーメン好き。「ヘビーローテーション」は「中毒性」。大島優子さんは、変幻自在のエンターテイナーと言われている。齊藤京子さんはカオスキャラ。

 

ひらがなけやきの3rdPV予告映像が公開されたけど、「十二人一首」。団体芸か。着物で和風か。高本さんはけやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」のMVでは弓道着姿。イメージ的には高本さんは有利だよなあ。やっぱり「隠れ運営推し」か。

 

「普通」の日本人は、「サイレントマジョリティー」。

 

「サイレントマジョリティー」は「静かな多数派」を意味している。

 

「サイレントマジョリティー」は、仮タイトルは「僕らの革命」。

 

今回の漢字欅の個人PVは、普通な感じという意見もあるみたいだ。普通が良いのかもしれないけど。

 

長濱ねるさんのお勉強シリーズが終了したけど、学業は大事だよなあ。優等生ゆるキャラか。

 

世界のソニーは理系で英語か。理系だけど、外国語大学に行くかあ。

 

まあ、これは完全にネタだよなあ。出来すぎているよなあ。

 

 

最近の46Gは勢いがヤバすぎる。ソニーは本気だなあ。

 

 

乃木坂46の3期生を中心にした世代交代は、2018年になるかも。SKE48の10周年にぶつける気か。これはSKEはまずいかもなあ。今のSKEの状況はどう考えてもかなり厳しいなあ。高柳さんが卒業したら、大変なことになると思うけどなあ。

 

ソニーは、乃木坂3期生でアイドルの世代交代に「挑戦」するのは間違いないなあ。それが前向きなものなら、楽しみ。個人的には元SKE48の秦佐和子さんの再来の久保史緒里さんと前田敦子さん風の山下美月さんには特に注目かも。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、「アンダーグループ」だから変に期待しないで気楽に見た方がいいのかもしれないなあ。

 

齊藤京子さんと高本彩花さんは、どうなるのかなあ。

 

秋元氏は、けやき坂46の「誰よりも高く跳べ!」のMVを見て、どう思ったんだろうか。まあ、適当に見ただけかもなあ。

 

けやき坂46(ひらがなけやき)は、革命は起こせるのかなあ。

 

「私たちには、超えなければならない目標がある!」

 

 

www.keyakizaka46.com