グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

乃木坂46の15枚目シングル「裸足でSummer」が「ハルジオンが咲く頃」の累計売上を越える

乃木坂46の15枚目シングル「裸足でSummer」が累計売上が832,128枚となり、前作「ハルジオンが咲く頃」の累計売上827,586枚を越えた。

 

これはよかった。

 

これで齋藤飛鳥さんもホッとしているかも。

 

しかし、すごいなあ。乃木坂は。

 

個人的には、「裸足でSummer」はシンプルで明るくて良い曲だと思ったし、今年の夏は何度も聴いた。たぶん女子受けするタイプの曲だと思う。

 

全握効果もあるのかもしれないけど。

 

新規ファンは増えていると思う。

 

「裸足でSummer」は、セカンドアルバム発売もあったし、欅坂46の影響と深川さんの卒業という厳しい状況の中で、ここまでの売上はかなりすごいと思うけど。

 

16枚目シングルがどうなるのか気になる。攻めることはないと思うけど。手堅くいきそうな気もする。

 

3期生を全握と個別に参加させても、16枚目シングルでミリオンは難しいと思うけどなあ。

 

「2016年の乃木坂46は激動の年になる」のだろうか。