グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

「けやき坂46(ひらがなけやき)」のメンバーポジションについて

「けやき坂46(ひらがなけやき)」のメンバーポジションについて思うことがある。

 

ひらがなは基本的には個性派集団で、ひらがな内で序列だの人気だのポジションだの争いはあまり意味がないと思う。

 

長濱さんは兼任なので、選手兼監督という感じか。まあ、ダンスや歌などのパフォーマンスに関しては微妙なところがある。基本的には「坂」メンバーなのでセンターでトップ。優等生キャラ。

 

ひらがなセンターは柿崎さんだけど、子役なのでよくわからないところがある。握手はフィジカル的にそんなに長く持たないので、不安定だと思う。新規ファンはたくさん来るけど、対応によってはリリースも多いと思う。子ども感が強いと握手に行きにくいと感じるファンもいるかも。パフォーマンスはどうなんだろうか。

 

ひらがなエースは、加藤さん。華があるから新規ファンはたくさん来やすいけど、握手対応に不安定感があるとリリースも多いと思う。あとはルックスやキャラ的にアイドルファンの中では好みは意外と分かれると思う。パフォーマンスは微妙なのかもしれないけど、華があるからカバーはできている。漢字欅メンバーだと高校が同じらしいあの人との関係はどうなるのだろうか。

 

「46」の4番の齊藤さんは、実質的な人気と実力はひらがなでは1位。握手に関しては機械的な対応やアドリブが弱いと事故る可能性もあるかも。「二郎系」なのでどちらかというと男性ファンが多いような気もする。齊藤さんは兼任の長濱さんを除くとすべての指標で基本的に1位を守り続けないといけないから、プレッシャーはかなりきついと思う。今泉さんの友達。基本的には攻め。特に握手は先頭を走らないといけない。握手会の女王か。

 

「46」の6番の高本さんは普通。握手は死ぬほど頑張らないといけない。典型的な握手要員。ただし、高本さんは持っている。お披露目ではキャプテン候補の菅井さんにいじられた。長濱さんがひらがなの監督なら、高本さんはマネジャーか。ある程度は守られている。まあ、「浮かれポンチ」だから危ない部分がかなりあるけど。基本的には守りか。握手は攻めかなあ。個人的には成長型アイドルとしては一番面白く、興味があるし、実はバランスが取れていると思う。

 

佐々木久美さんは、おそらく握手人気では上位の方だと思うし、能力的にも安定している感じもする。年長なのでひらがなのキャプテン候補かも。お披露目フロントであの位置だとキャプテンの可能性がある。長濱さんは兼任だし、あくまで選手兼監督という感じか。

 

佐々木美玲さんは、アイドル経験があるのでダンス、歌、トーク、握手の能力は基本的に高い。安定感はあると思うけど、プロ感がきつい部分もあるので好みはわかれるかも。関西系なので親近感はあると思う。経験と年齢と考えると副キャプテン候補。やはり、ひらがなはW佐々木で安定感を出さないとなあ。あとは台湾か。意外とSKEのファンが好きそうな感じもする。

 

潮さんは英語メンバー。歌、ダンス、トーク、握手は安定的。ひらがなの聖母。8番は最重要人物。

 

高瀬さんは英語メンバー。お披露目フロントメンバーで、イギリス在住経験があるのでひらがなの象徴的メンバー。頭は良いけど、関西系素人風なのでそのギャップは親近感があるかも。握手はまだよくわからないけど、関西ノリがある程度出るといいのかもしれない。

 

東村さんは、握手は不安定な部分はあるのかもしれない。トークはよくわからない。小柄でルックスは良いのでアイドルとしては良いと思うけど。短期的な爆発力はキャラ的にあると思う。モデル経験があるので表現力があるのかもしれないし、華はある。

 

影山さんは、AKB48Gのドラフト経験者(野球)で、サッカー好き。影なのでシャドーセンターか。頭は良いし、握手対応はかなり良いと思うけど、子ども感があるので難しい部分もある。まあ、48Gのドラフト2期生よりも恵まれていると思うけど。

 

井口さんは、今は握手人気は関係ないと思う。全握要員。カオス。だるま民もいるから大丈夫だと思うし。基本的には後列端がベストポジション。重要人物なのは間違いない。バラエティーでは最重要人物。あの催眠術はマジでヤバいやつだと思う。

 

GWのSR配信有りの合格者が9人(野球)で、これはガチなんだろう。配信無しの合格者が2人で、合計で11人(サッカー)の新メンバー。ガチと台本は8:2くらいかも。逆かもしれないけど。別にアイドルはフィクションなんだから、それでも良いと思うけど。

 

こう考えると、ひらがなけやきはグループとしてはかなり面白い。人数が少なく、キャラが濃いからわかりやすい部分があると思う。

 

華があり、エリート集団の乃木坂3期生にファンがある程度は流れると思うし、かなりきついと思う。しかも乃木坂46はリスペクトしないといけないから、対立関係にはならない。ひらがなはアンダーグループの雑草集団だからなあ。

 

漢字欅メンバーや長濱さんから、ある程度ファンを流してもらうことはあると思うけど、それはメンバー個人のファンというよりは、ひらがなけやきというグループのファンにしていかないと、賛否両論のアンダーグループひらがなけやきは46Gのファンから認めてもらえないと思う。たぶん箱推し傾向は強くなると思う。

 

「与えるものは、与えられる」という感じだろうか。

 

とりあえず、ひらがなけやきには握手会を本当に少しでもいいから、なんとかしてほしい。

 

全握は、基本的にはメンバーは楽しんでほしいし、メンバーが楽しまないとファンも楽しくない。まあ、井口さんが全握で重要になるなあ。

 

全握は長濱さんとメンバーの組み合わせは基本的にはローテーションになるのだろうか。長濱さんと全握でコンビを組むと握手の経験と能力は上がると思う。ただ、井口さんはどうなんだろうかと思うこともあるし、他のメンバーでもメンタル的にやられる可能性がある。まあ、その方がいいのかなあ。

 

高本さんをしばらく長濱さんとペアを固定して、高本さんに握手経験を積ませるという方法もあるか。長濱さんと高本さんは、年齢、身長、ルックス、キャラ、性格のバランスの相性が良い方だと思う。

 

高本さんは長濱さんのファンに対してひらがな代表として挨拶する程度でも良いと思うけど。全握の時間を考えるとそれが現実なところかも。スルーファンはスルーでいいと思うし、その辺のコツはもう掴んでいるかも。

 

どちらにしてもハードモードかも。

 

個別は、3枚目からどうなるんだろうか。個別の趣旨からすると、完全個別が理想なのかもしれないけど、まだひらがなは早いよなあ。チームで部数を上げるか、一部のメンバーだけ完全個別にするか、会場によって完全個別とチームを使い分ける感じになるのか。まあ、普通に考えたら完全個別だと思うけど、どうなるのだろうか。意外性には期待したいなあ。

 

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、不遇かもしれないけど、やっぱりわかりやすくて楽しいと思う。