グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

「けやき坂46(ひらがなけやき)」の「ひらがなイズム」

「けやき坂46(ひらがなけやき)」は、欅坂46のアンダーグループ。

 

単なるアンダーではないと思う。

 

乃木坂46の状況を見ると乃木坂46のようにはならないような気もする。

 

乃木坂46のアンダーメンバーは、今はツアーや舞台やソロ仕事があるメンバーが結構いると思う。

 

それを考えると、アンダーグループ「けやき坂46」も今後はメンバーのソロ仕事やグループでの仕事もあるかも。

 

まあ、どうなるのかわからないなあ。

 

昔のAKB48のチームKには「チームKイズム」があったと思う。そして、SKE48には「SKEイズム」があった。どちらも熱いものがあった。

 

齊藤京子さん(4番)は、大島優子さんに近いものがある。

 

高本彩花さん(6番)は、元SKE48の松井玲奈さん推し。

 

GWのSR配信では、齊藤さん(4番)が1位で、高本さん(6番)が2位。

 

GWのSR配信は、候補生はみんな頑張っていたけど、1位の齊藤さんと2位の高本さんの「46」のコンビはシャレにならない感じだった。強烈なものを感じた。

 

「なんで、そんなに頑張るんだろうか」と思ってしまった。賞金2億円でも出るのだろうかと思ったくらいだし、世界のソニーグループで一生面倒を見るという約束でもあるのかと思ったくらいのレベル。

 

まあ、そんな金とか地位とか安定とかケチ臭い話ではないかも。理屈じゃない何かあるんだろうなあ。絶対に譲れないものがあるという感じか。

 

「ひらがなイズム」の体現者は、「46」の齊藤さんと高本さんになるのだろうか。

 

「ひらがなイズム」は、熱くてわかりやすい。そして、意外性があり、楽しい。

 

 

ソニーは乃木坂46の発展に未来を賭けている。

 

乃木坂46はAKB48の公式ライバル。

 

「私たちには、超えなければならない目標がある!」

 

この目標を考えると、大島優子さんに近い齊藤京子さん(4番・裏Wセンター)は46Gでもかなり重要なメンバーになることは間違いない。しかも名前に「子」がつくメンバーは貴重。

 

乃木坂3期生は、暫定センターは大園桃子さん(3番)で名前に「子」がつき、裏センターの山下美月さん(4番)は前田敦子さんに近いものがある。

 

齊藤さんは、46GがAKB48Gを超えるためには、必要になるメンバーになると思う。

 

 

それから、ひらがなけやきの重要メンバーは、やはり英語ができる潮さんと高瀬さんだと思う。この2人はGWのSR配信を未配信で合格している。潮さん(8番)と高瀬さん(11番)は、GWのSR配信の時は番号的に浮いていると思った。特に8番は100%受かると思っていた。

 

英語ができることはやはり重要で、今後のひらがなけやきでは英語は何か関係があると思う。潮さんと高瀬さんにはある種の余裕を感じる。やはり英語ができるからだと思う。他にも何かあるのかもしれないけど。

 

潮さんに関しては、歌、ダンス、トークとかなりのレベルだと思う。ルックスも星野さんに近いので人気は出ると思う。しかも頭も良く、性格も良い。ひらがなの聖母は潮さんだと思う。

 

高瀬さんは、お披露目フロントメンバー。そこまで批判がなかったのはルックスに癖がないからだと思う。キャラ的にも素人風で色がついていない感じもする。それにお披露目から相当顔が痩せたなあと印象もある。つまり、努力は相当していると思う。

 

欅坂46はスタイリッシュな格好良さを求めてイギリスのモッズのような世界を志向したらしいので、イギリス在住経験があり、英語ができて頭の良い高瀬さんがひらがなけやきの象徴的なメンバーになるのはわかる。