グリーンノアの日記

AKB48Gと乃木坂46とその他の感想ブログ

秋元康氏の「センターの資質・持っている人が輝く時」について

秋元康氏が、「センターの資質・持っている人が輝く時」というタイトルで、「HKT48の松岡はな、NGT48の山口真帆、この2人がAKB48グループのセンターになる日は来るのだろうか?」ということを新聞の連載で書いていた。

 

これは先日のAKBの運動会のPK戦についての記事で、PK戦とアイドルとしての運は関係ないと思うけど、「持っている」ということは何かあるのかもしれない。

 

個人的には、HKT48の松岡はなさんのセンターは良いと思うし、HKTの最新曲「最高かよ」は明るくてわかりやすい。まあ、AKBのセンターになるのかはわからないけど。

 

AKBの運動会でNGTの優勝をPKで決めた山口真帆さんはセンタータイプではないけど、ルックスが良くキャラ的にもかなり面白いメンバーだと思う。

 

個人的には山口さんは、NGTのデビューシングルではフロントメンバーにした方がいいと思う。ダンスは微妙だけど、華がある。

 

山口さんは「持っている人」だと思うし、「絵になる人」だと思う。運動が苦手なのに先日のテレビ番組でもバスケットボールのフリースローを決めていた。

 

山口さんは秋元氏に名前を覚えてもらったことはチャンスだと思う。

 

AKBの運動会でもこういうチャンスがある。だから、48Gや46Gは何があるかわからない。

 

秋元氏はエンターテイメントの基本は「意外性」と言っている。